技術やビジネスモデルは進歩しているが、家庭を支えることに十分活きていない

技術 ・ ビジネスモデルは進歩し、より便利な商品 ・ サービスが次々と生まれ、世の中が便利になったと言われています。


しかし、実際の家庭生活に目を当ててみると「××」という声を良く聞きます。


また、企業にとっても「良いモノを作っているはずなのに売れない」「消費者の新しい課題(ニーズ)が理解出来ない」という声をよく耳にします。


これは、世の中全体の変化の速度に対して、個々がその変化を活かせる枠組み作りが追いついていないためにあると考えています。


かつて地域社会が支えていた家庭を今の時代に合わせた形で支え直す

家庭の生活を

 

企業へと繫ぐ